忍者ブログ
ようこそいらっしゃいました。 ここは”のこ”による、「魔術士オーフェンはぐれ旅」の感想、妄想、二次創作ブログです。 公式とは一切関係がありません。
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   12月≫
[67] [66] [64] [65] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


触れてると落ち着くってのが凄く好きです。
それだけだと依存っぽいけど、ちゃんと自立もしてるんだよね
そこが良い、そこがたまらないバランスです。


続きに小ネタあり。
小ネタの後の戯言に【ネタバレ含みます】




ひな形なんてないのです


ラチェット「姉さんは、人好きになった事ある?」
ラッツベイン「みんな好きだよー?」
ラチェット「……」
ラッツベイン「……???」
ラチェット「じゃなくて、男のひと」
ラッツベイン「ええっ!?えっとー。れ、恋愛とかそういうやつー?」
ラチェット「たぶん」
ラッツベイン「うー」
ラチェット「ないの?」
ラッツベイン「ううー」
ラチェット「……」
ラッツベイン「だってそれどきどきしたりとか胸痛くなったりとかするんだよねー」
ラチェット「さあ」
ラッツベイン「そういうのないかもー」



ラチェット「父さんと母さんは毎日そうなってると思う?」
ラッツベイン「それはないよー。ホッとするとか落ち着くとかは言ってるけど、
なんか関係あるのー?」
ラチェット「さあ」
ラッツベイン「わけわかんないよー?」




ラッツベインの触れてると落ち着くってのは
色々通り越してそんな感じがいたします…というだけのネタでした。

ところで、「解放者」にてわたくし初めて
オーフェン世界の登場人物から「恋」というものを感じました(笑)。
6歳児のサイアンとラチェットです(え)。

そんな幼い彼らすら、そんなふわふわしたもんはとっとと通過して
何か別のもっと独自の形を持つものに昇華しなければならないという…。

短っ。

まあ、全てを受け入れたサイアンの腰の据え方は見事です。
んでやっぱりオーフェン世界には相変わらず「恋」は存在しないんだなーと(苦笑)。
旧シリーズからその印象が変わらなくて安心した。

ふわふわなんかしてたら、過酷な世界です。
簡単に霧散してしまいます。
恋い慕う…そんな甘ったるいこと言ってんじゃないわよ、
まずは現実、がっしとつかみ取りなさいよー!
ぶっちゃけガチンコ系。
そんな気がする世界観。妙に好きです(笑)。

ああ、だからマジクは悲恋だったのね…なんて思ってしまった。
煮え切らない人の悲劇…(´;ω;`)。
もっとガツガツ行かないとだめだったんよ、きっと。
恋愛にも求められるフロンティアスピリット。

フロンティアスピリット【frontier spirit】
開拓者精神。特に米国の西部辺境における開拓者たちの精神。
剛健・忍耐・創意、また闘争性・現実性・利己性などを特色とする。
「デジタル大辞泉」より

妙に納得(笑)。

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
のこ
性別:
非公開
自己紹介:
年季の入ったガノタ。ありとあらゆるガ/ン/ダ/ム/にハマるバンナムに搾取され続ける人種。ファルコムオタ。
「オーフェン」はリアルタイムで追っていたのにBOXのせいで今更ながらに心を射抜かれ、見事に師弟とブラディ・バース関連に心奪われた!
最新コメント
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]