忍者ブログ
ようこそいらっしゃいました。 ここは”のこ”による、「魔術士オーフェンはぐれ旅」の感想、妄想、二次創作ブログです。 公式とは一切関係がありません。
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   12月≫
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえずざっくり感想。
うっかりすると師弟ばっかり語ってるかもしれない。

面白かったー!!!!!の一言で済む気もするんだがw
語りたいので語ってみる。


新世代連中がかなり好きです。

次世代連中は魔術士でも共通価値観がないというか非常に多様性に富んでる感じ。
塔やスクールが旧世代の時ほど絶対的な存在じゃなくなったのが大きいんだろうなと。
そのために魔術士関連の組織が弱体化して、以前よりもさらに一枚岩じゃなくなった。

組織にしても塔、スクール、ハーティア門下、スウェーデンボリー、モグリ…他にも塔やスクール管轄の私塾とかもありそうですよね。
別の分類をしたら、キエサルヒマ島の旧世代、若手、原大陸の開拓組とその子ども達…価値観も多種多様になるよね。
そんなある種のカオスの中、皆の思惑が錯綜するのは、ある意味現代社会とリンクしてもどかしさが何かこう、リアルで読んでて疲れるw
でも感覚的にどっかでリンクしてるとひっじょーに入りやすいからいいのか。

キャラ別雑感

○マヨールとイシリーン
「約束の地」だと正直ピンと来なかったけど…今回はその印象完全に払拭。
イシリーンみたいないい女が惚れる男ならいい男に決まってるだろう!とw
てか、イシリーンがマジいい女過ぎて、爆発しろって思った。
この2人あけすけでいいなあ。
イシリーンに対してかなりばっさり切り捨てるマヨールに吹いた。
薔薇の手錠蹴り落としたり、「脱いだらいけると思う?」「無理だろ」
容赦ねえw
度々出てくる「イシリーンはそんな女だ」ってのがいい。
マヨールはシリアスもそれなりに熱血もいけてるんだけど、
一番いい味出してるのがイシリーンとのやりとりなんだよなあ。
外面じゃないのがよくわかる。
「約束の地」ではいいところを見せて彼女を振り向かせようとしてた感じでしたけど、
3年で頑張ったなw

ホント、前回の経験もあっていい感じに。
元々ベイジットが側にいるから、『堅苦しい』塔の魔術士の中では外に開く素養はあったけど前回の旅が彼を成長させましたな。
そんな彼の成長を見てイシリーンも落ちたんだろうなあ。

○ベイジット
一読しただけだと、あんまり感じなかったんですが(昔のこととか結構忘れてたんで)
ざっと旧シリーズ読んで、もう一回読み返したら…不憫過ぎた。
魔術士であることが大前提の中にいるのってマジできついわーと。
しかも周囲の面々にとっては「魔術士=人間」 レベルの認識に近そうだし…手に終えない。
なおかつそいつらにとって世界はそれが全てで、その外は「ない」 と言っても
過言じゃないメンバーばっかり過ぎる、つまり世界が狭い。
それが全てではなく他のものが見えちゃったら、他のものを見ざるをえない子なら息詰まるよ、窒息するだろ 。
原大陸行っちゃうよ。やっぱり年相応に浅はかではあるけれど、責められない。
だってティッシだぜ…ティフィスだぜ。
ティフィスの終端での描写が「歪んだなあ」て印象だったんですが、
あのまま育ったんならダメだよな。
クリーオウとかラッツベインとか、ああいう人たちがそばにいたらよかったのに。
どうでもいいけどティッシ、人育てるの向いてない(苦笑)。
一番あかんのは叱るんじゃなくて怒っちゃう人だ。

マヨールの回想でのベイジットとのやり取りに泣いた。
捨て身でお兄ちゃん大好きなんだね、この子…。


○エッジ
希望通り魔術戦士に。
ラッツベインもそのちょっと前に騎士団入り。
姉妹のコンビーネーションがかっこよすぎて燃えすぎて困った。
絶対的に相容れないところがあるって理解し合っていて、
そこが長所になってるのはホントに姉妹だわ。
ラッツベインの魔力容量と魔王術、エッジの制御と判断力、
そして体術が混じり合ってるのがスゴイ。
2人の能力が混じり合って、一人前の戦士が2人出来てる!お得!(え)

でも本当に対称的な姉妹ですよね、この子ら。
おおらかな非常識姉と、頑な常識人妹。
いざ直面したらなんでも飲み込んじゃう姉と、受け入れるまでに時間がかかるだろう妹。
感覚的なのと、緻密に計算するのと。
外見的にもロングヘアとショートヘアと。
しかしながらどっちが女らしいかと言えばエッジだと思う。
女性的に繊細ですよね、かなり。
イシリーンはある程度完成された「女」って感じするんだけど、そのイシリーンとすんなり意気投合する辺り常識的に「女」だなあと。

…ラッツベインはもう性別ラッツベインでいいと思う(笑)。
天然だし可愛いのに女って感じがないんだよなあ、面白い。
その辺の印象が旧シリーズのクリーオウにそっくり。
女の子の形した爆弾。
ってのがクリーオウとラッツベイン共通の印象です(え)。


はしばしに見受けられる騎士団>マジクの反応と、
フィンランディ姉妹>マジクのギャップに吹いた。
「犬が忙しそうにしていたらおじさんでも構うか…って」
酷すぎて爆笑した。
おーじーさーん。どんだけダメオーラ出してんのよ。


拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
のこ
性別:
非公開
自己紹介:
年季の入ったガノタ。ありとあらゆるガ/ン/ダ/ム/にハマるバンナムに搾取され続ける人種。ファルコムオタ。
「オーフェン」はリアルタイムで追っていたのにBOXのせいで今更ながらに心を射抜かれ、見事に師弟とブラディ・バース関連に心奪われた!
最新コメント
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]